大杉谷登山センター

  • 0598-78-3338
よくある質問

交通アクセスについて

Q 駐車場の広さは?混む時期は?

A.登山口付近の駐車場は現在30台程度が駐車可能となっています。近隣に駐車スペースがないため、公共交通機関の利用をおすすめしています。例年、開山~梅雨入りまで、10月上旬~閉山までの週末は大変混雑します。

Q 車でどこまで行けますか?

A.第三発電所まで通行可能です。しかし、第三発電所で行き止まりとなっているため駐車可能スペースより奥まで進入せず、登山口手前300m付近にある広い駐車場への駐車をお願い致します。道幅が狭いため、対向が困難な箇所が複数あります。落石によるバースト、故障をする事故もたびたび起きていますので、可能であれば公共交通機関の利用をおすすめしています。

Q 観光バスでどこまで行けますか?

A.道幅が狭く、途中のトンネルの天井も低いため、観光バスでの登山口までの乗り入れはできません。マイクロバスサイズの車両の通行は可能ですが、調整が必要なため、事前に登山センターまでご連絡ください。
→プライベートガイドのご用命はこちら

登山について

Q 一番混雑するのはいつですか?

A.例年、開山から梅雨入りまでの新緑・シャクナゲのシーズンと紅葉のシーズンが最も登山者が多い時期になっています。

Q 参考タイムはありますか?

A.マップに記載されている時間は目安であり、登山経験や天候、混雑状況によって大きく異なります。山の日暮れは早いため、時間に余裕を持ちお楽しみください。

Q 危険な箇所はありますか?

A.大杉谷は岩場や鎖場の点在している中級登山道になります。道幅も狭く、危険な箇所が多数あるため、初心者だけでの入山はご遠慮ください。
→プライベートガイドのご用命は こちら

Q 子どもと登れますか?

お子さんの体力と登山経験次第ですが、登山ツアーでは中学生以上から受け入れる場合が多いようです。中級登山道ということをご理解の上、ガイドをつけるなど万全の安全対策をお願いします。

携帯電話の使用について

Q 携帯電話は使えますか?

A.登山センター周辺までは使用が可能ですが、登山道はほぼ使用できませんのでご注意ください。アマチュア無線が有効です。

生き物の出没について

Q 山ヒルの時期と対策は?

ピークは梅雨入り~9月末となります。ディート成分配合の虫よけスプレーが効果的です。
登山センターでも販売していますので、お忘れの際はお立ち寄りください。

Q クマの出没状況は?

A.粟谷小屋、堂倉避難小屋近辺での目撃が多くなっています。単独での入山の場合は特に要注意。熊鈴等の装備の準備をオススメしています。

Q ハチは出ますか?

A.吊橋の下や木の洞に巣を作り、夏~秋にかけて攻撃的になります。吊橋はなるべく静かに通過する、黒っぽい服装を避けるなどの対策が有効です。

Copyright(C) 2017~ 大杉谷登山センター All Rights Reserved.

ページトップ